ペット可と記載してあってもうのみは危険

町の不動産やインターネットの不動産でペット可物件と記載してあっても、実際にペットと生活することは出来ない場合があります。一概にペット可物件と記載してあっても、実際には野外で犬を飼育するのしか許可していなかったり、室内での飼育を許可していても、実際は犬やハムスターなどの小動物しか飼育を許可しない場合があるからです。特に猫は爪とぎ行為などがあるため、飼育する際には大家さんや不動産会社とよく相談する必要があります。物件によっては契約書に破損した際の修繕に関する条項や、家賃を割り増しにする事などで対応してもらえる場合もあるので、そのような場合には不動産会社に対応してもらう事が大切です。

物件周辺の環境も大切です。

ペットを飼育していたら人間同様に病気をしたり、怪我をしたりする時もあり、そのような場合には動物病院を受診させる事が必要です。人間の病院のように幾つもあるわけではないので、事前に場所を調べておく事がポイントです。それだけでなくペットを飼育するのに必要なエサやトイレ用品が購入可能な店舗なども近くにあるかどうかも確認しておく方が良いでしょう。ペットの種類によっては昼間に散歩させる必要があり、安全に散歩させる事が可能な環境であるかどうかも確認しておくと良いでしょう。

ストレスに弱いペットもいるので、あまりにも騒音が激しい場合やネオンの光が夜中でも入る場合などには、いくらペット可となっていてもやめておいた方が無難ですよ。

北斗市の賃貸は交通の便が良く、新幹線や飛行機など様々な手段で移動することができます。道も整備されているので車での移動も楽です。