賃貸物件はどうやって探す?

賃貸物件の探し方は主に2つ、ネットで検索するか地元の不動産屋で探すかのどちらかです。ネットなら簡単に探すことができますが、掘り出し物はすぐに決まってしまうので見つかりにくいのが難点です。一方で地元の不動産屋ではネットで公開されていない物件も扱っていますが、足を運ぶ手間はかかります。この2つを上手く利用するのがポイントです。

賃貸物件探しで最初に必要なことは?

賃貸物件を探す上で、まず必要なのがエリアの選定です。どの路線のどの駅周辺を選ぶのかが重要となります。ポイントは家賃相場と通勤の利便性、そして毎日の買い物環境です。全てに満足できるエリアはなかなか見つからないので、何を妥協できるかを考える必要があります。家賃相場は基本的に利便性の高いほど高くなるのが特徴です。払える家賃によっては、都市部から離れた場所を検討することにもなります。

物件選びのポイントについて

賃貸物件は人気があるものほど家賃は高くなります。まず築年数が新しいものほど家賃は高いものです。部屋の向きを南が高く、北は安くなります。またアパートよりもマンションの方が、階数も高いほど家賃は高いというのが通例です。もちろん専有面積が広いほど家賃は高く設定されます。つまり、自分が出せる家賃設定ならばどのような条件になるのか必然的に決まってくると言えます。そして家賃が高いほど住みやすいかというと、実はそうとは言い切れないものです。例えば日中はほとんど家にいないのであれば、南向きにこだわる必要はありません。

単身赴任の会社員に人気があるのは、即入居可能な新札幌の賃貸マンションです。コンビニやドラッグストアの近隣の物件であれば、日常生活も快適です。