敷金礼金ゼロはリスクが高い

近年増えている敷金礼金ゼロ物件は、オーナーが関与していないケースが多いので、管理会社に加えて保証会社への加入が強制される傾向が強いです。インターネット上に出回る物件に多く敷金礼金ゼロとなっている部屋が空室として残っているのは、リスクの高さを反映したものだと気付いている人が少なくありません。中には保証会社が追い出し屋行為を行っているケースもあるので、慎重に選ぶことが求められます。

敷金は多いほうが良いってホント!?

敷金の設定額は、家賃の何ヶ月分という形で設定されています。地域ごとに敷金設定額は異なるものの、目安として家賃の2ヶ月分が設定されていたら、保証人を付けて契約が出来ないか確認してみると良いでしょう。なぜなら、敷金設定がしっかり行われていれば、保証会社を付けた貸付や管理会社丸投げの管理を行わないオーナー自主管理物件に出会える可能性があるからです。優良物件の多くは、今でもオーナーが自ら管理していて保証会社を必須とはせずに選択制で利用出来ます。

礼金有りの物件ならリスクが少ない

礼金は退去時に戻らないオーナーへの感謝の気持ちを込めて納めるお金ですから、近年は無駄と考える人も出ています。しかし、賃貸借契約は、本来オーナーと入居者の間で結ばれる信頼関係に基づく契約となるので、オーナーが単純な投資目的で管理する気さえ無い物件ならばリスクが高くなりがちです。実は、金融機関からのローンを組んで返済が終わっていない物件は、礼金を受け取れないルールとなっています。オーナーが賃貸経営に失敗したら、オーナーチェンジに伴う強制退去リスクがあるので、少なくとも礼金有り物件の方が長期入居に適しています。

大型の石油ファンヒーターが設置されており、断熱性にも優れていることが、快適に暮らせる旭川の賃貸アパートの共通点です。