購入する場合のメリットとは

別荘を購入する場合は、購入するメリットがなければ意味がありません。どのような人が別荘を購入したらメリットを感じるでしょうか。まず、頻繁にその別荘に行く人であれば、購入した方がよいでしょう。また、5年から10年、あるいはそれ以上の長期で何度も利用する場合も購入した方がメリットが大きいです。賃貸の場合は、定期的に更新料を払わなければなりませんが、購入をすればそのような負担はなくなります。

将来的に別荘地に移り住むような場合も、購入した方が後々お金がかからなくて済むでしょう。その場所がどうしても好きな場合も、購入することで何度も気軽に訪れることができるメリットがあります。

賃貸の場合は長期と短期に分かれる

賃貸別荘を借りる場合は、長期の場合と短期の場合に分かれます。1年間の間で何度も別荘を利用する場合は、長期賃貸を利用した方がお得感はあるでしょう。ただし、5年も10年も長期的に利用するのであれば購入した方がよいです。1年から2年程度利用する場合は、賃貸の方が金銭的な負担が少なくて済むでしょう。

短期で利用する場合は、1年にそれほど利用しない人にぴったりです。例えば夏休みの数日間と冬休みの数日間しか利用しない場合は、数カ月単位で借りた方が安く済みます。

賃貸は、家具や電気製品を持ち込む必要がないところがありますので、引っ越しの手間も省くことができるでしょう。また、気分次第でいろいろな場所に住むこともできることもメリットと言えます。飽きっぽい性格の人や、いろいろな場所を楽しみたい人は賃貸で十分です。

中古の別荘は、レイアウトや外壁のデザイン、木材の種類などにこだわりのある物件が多いため、サマーシーズンを避暑地で過ごす人にぴったりです。