賃貸物件を借りるときの初期費用の代表例

賃貸物件を借りるときには初期費用を支払わなければなりません。代表的な例として不動産会社に支払う仲介手数料、オーナーに対して支払う礼金、家賃の滞納や原状回復費用などに充てられる敷金、前家賃があります。この他にも火災保険料は必要であり、鍵交換代、クリーニング代などがかかることもあるでしょう。このような初期費用を用意しておかなければ賃貸契約をすることはできませんが、現代のトレンドを知っていると安く済ませられる可能性があります。

減らす傾向にある初期費用

初期費用のうちでも大きくなりがちな仲介手数料、礼金、敷金については減らす方向に進んでいるのが現状です。仲介手数料については法律上では上限額が定められているだけであり、不動産会社が良いと言えば無料にすることもできます。借主と貸主の両方から受け取っているものなので、たとえ無料にしても不動産会社に収入がないわけではありません。交渉してみると減らせる可能性が十分にあることは覚えておくと良いでしょう。一方、礼金や敷金については高額費用になることから入居者募集のために0円にしているケースも増えています。数カ月分をそれぞれ要求しているという場合には交渉してみると減らせるかもしれません。ただし、敷金については特にトラブルがない限りは退居のときに手元に戻ってきます。交渉をして減らそうとするなら礼金にまずは着目した方が良いでしょう。特に繁忙期を過ぎてしまっても借り手がいなくてこまっているような物件では交渉が成立しやすくなります。

菊水の賃貸は都心へのアクセスが良好なため通勤に適しています。自然に囲まれており、子育てもし易い環境となっています。